Archive of ‘お役立ち情報’ category

◆ドキドキ・セカセカに甘酸っぱい味付け

春先は、身体の重たさやだるさが出やすいですが

同時に、風の強さも感じ、新しい出会いも多く、移動も多い。

もうすぐ新しい元号の発表もあり、時代が変わる今

動きを司どるヴァータ(風)も増えやすいです。

そんな私もドキドキ・ソワソワ気持ちがヴァータ(風)が過剰になっていました。

甘味・酸味・塩味、温かく、油分のあるものを取り

ヴァータ(風)ドーシャが落ち着きました。

ドキドキ過剰の時は、甘酸っぱい味付けがお勧めです。

ミニトマトは普通のトマトより栄養価が高く

リコピンはじめ、ビタミン、カリウム、食物繊維などが豊富。

火を通すと生よりも栄養価がアップし、うま味も凝縮され

身体への吸収力が2~3倍にアップします。

アーユルヴェーダでは、トマトの生食を薦めていません。

ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カファ(水)のドーシャエネルギーを悪化させると

考えられています。生も美味しいのですけどね^^;

そう言えば、スリランカを訪れた時、トマトはどこへ行っても蒸してありました。

ガイドさん曰く、スリランカでは、トマトは生で食べないよ~と

アーユルヴェーダが根差している証拠。

そういう意味があったんですね。

ミニトマトは、火を通して頂きましょう。

【簡単一品レシピ】

ミニトマトを半分に切り、オリーブオイルで炒めます。

お酢、レモン汁、お砂糖(今回はきび砂糖使用)を混ぜておき

炒めた後に、さっと絡めるだけ。

甘酢っぱく美味しい1品です。

 

◆もうすぐ春分の日 心身はスッキリしていますか?

3月21日は、春分の日、春到来ですね^^

春を迎えて、輝き出す自然や生き物。

私たちも冬に溜めこんだままの重い心身状態では

春をスッキリ迎えられません。

思ったように動けなくなります。

「心身はスッキリされていますか?」春は目の前です^^

アーユルヴェーダで、心と体も春使用に変えて行きましょう。

 

◆万能オイル【マハナーラーヤナ】

 

インドでは、家庭に常備薬として置いてある【マハナーラーヤナ】オイル

お母さんのオイルと言われ、様々な症状を緩和してくれます。

寒い季節、痛みも出やすい為、セルフケア用のオイルも良く出ています。

神経や筋肉組織の滋養、オイルは5分で骨まで到達しますので

骨粗しょう症予防にもお使い頂けます。

 

◆体質別オイルについて

アーユルヴェーダでは

「体質(ドーシャ)別に合う油」というものがあります。

>>アーユルヴェーダの体質(ドーシャとは)こちらから

>>体質(ドーシャ簡易チェック)はこちらから

*************************************************************************************

ヴァータ(風)→ ギー、ひまわり、コーン、マスタード、少量のオリーブ

ピッタ(火)→ ギー、ココナッツ、オリーブ

カファ(水)→ 少量のギー、少量のひまわり、少量のマスタード

*************************************************************************************

解説すると、、、

ヴァータ(風)は冷える、乾燥の質がある為、

食用と皮膚からのオイルマッサージも

日常的に必要とします。

身体を冷やさないような、温めるオイルが適し

冷やす作用のあるオリーブは少量で取ります。

ピッタ(火)は、熱くなりやすいので

身体の熱を取る、ココナッツやオリーブを取ります

カファ(水)も冷やしやすい性質な為

温めるオイルが上がっていますが

元々、油分が多い性質な為、少量で取ります。

複合している体質の方も多いので

季節によって使い分ける事も大事になります。

(さらに…)

◆女性の味方ハーブ【シャタバリ】

女性の味方ハーブ【シャタバリ】のご紹介

アーユルヴェーダの代表的なハーブです。

(お悩みに応じて、サロンでもご紹介させて頂いています)

学名:Asparagus racemosus 
インド名:Shatavari
和名:野生アスパラガス

女性の為の若返りのハーブ

身体の免疫力を高め、ストレスを軽減させ、ホルモンバランスを整える。

シャタバリは
「100人の夫を持つ力を与える」と言われ、滋養と強壮の為のハーブです。

葉酸が豊富で

植物由来のエストロゲンを持ち、

子宮強壮をし滋養し、虚弱体質にも良い。

更年期や妊娠中にも良く、母乳の出も良くする。

妊活中の方も応援するハーブサプリメントです。

脂肪を増やす事無く、筋肉を養い

血圧を下げる為、過度の緊張による心臓不調にも使われるます。

 

【飲み方】
1日1~2錠を水かぬるま湯で飲んでください
(食前・食後どちらでも可能です)

私も飲んでいるハーブです。

※ジヴァインディアのクリニック製品です。

 

◆冬は滋養する季節

冬は1年の間で1番、消化力が上がり体力がある季節です。

その為、重い食事(お肉や脂っこいもの)が消化出来る時期です。

ただ、食べ過ぎたり、消化力を下げる冷たい物を食べたり

身体が疲労していると、消化力が下がります。

すると食べたものは、未消化となり、体内に毒素として、溜まって行きます。

その毒素は身体を詰まらせ、不調として現れます。

春からの活動の時期の前に、じっくり滋養する冬

栄養を取り、睡眠をしっかり取り、毒素を溜めない生活が必用です。

春に花粉症や眠気、だるさがある方は、冬に溜めたものが春に不調として出ている証拠。

今から、腹8分目の食事、身体を温め冷やさない生活、睡眠をしっかり取り

適度な運動をしましょう。

アーユルヴェーダの薬草オイルは、体内の毒素を剥がし取り体外へ排出させる役目があります。

今から、身体の流れを作ると、春の不調が軽減し、元気に過ごせます。

◆アーユルヴェーダの消化剤、トリカトゥ(3つの辛味)

毎年、冬になるとお問合せが増える【トリカトゥ】

【3つの辛味】という意味があり

食べる機会が多い今の時期に常備されている方も多いです。

消化されなかったものが未消化物となり、身体の管の中、特にその方の

弱い部分にその未消化物が蓄積すると、病気になるという考えがアーユルヴェーダにはあります。

未消化物を増やさない【消化剤がトリカトゥ】で、アーユルヴェーダのレメディーになります。

朝晩の食事30分前にお白湯にティースプーン半分量入れて、お茶のように取る事で

食事前に消化力を上げます。

その他にはお料理に入れる事が出来る、スパイスブレンドです。

中身はジンジャーパウダー、ブラックペッパーパウダー、ロングペッパーパウダーです。

年内は昨日で完売。只今取り寄せ中です。ご希望の方はお取り置きもします。

100g 2500円(税込み)

◆テレビを消して食事をしてみましょう

日常でのちょっとの見直し。

テレビを見ながら、食事をする方も多いと思います。

ハラハラ、ドキドキの場面。それは、消化に良いはずがありません。

胃もきゅーと緊張してしまいます。

たまには、テレビを消して、食事をしてみませんか。

食事に集中すると良く噛んで食べるので食べすぎを防げます。

早食いの方は、お白湯をすすりながら食べると尚、良いです。

味や歯ごたえを感じながら食べる事は満足感にも繋がります。

アーユルヴェーダでは、消化出来なかった未消化物の蓄積が病気を作ると言っています。

日頃から、食べる事に意識を向けたいですね。

◆食べ過ぎ?食べなさ過ぎ?

紅葉が綺麗に色づき始めましたね。

さて、食べた物で私たちは、作られていますが

不調の原因として、大きく2タイプの方がいらっしゃいます。

それは、食べ過ぎ、食べなさすぎ のどちらか。

(さらに…)

◆睡眠不足のお悩み

多くのお悩みの1つ、睡眠不足。

睡眠が不足すると活力低下の元になりますね。

シロダーラを30分受ける事で、1日分の睡眠を取るに等しい効果が現れると言われています。

シロダーラコース こちらからご覧ください

【就寝前に気を付けたい事】

・スマートフォン、パソコン等目に光を入れは、を就寝前2時間は避ける

・就寝時に光を遮断する

・ストレッチをする

・布団に入ったら、お腹に手を置き、ゆっくり吐いて、ゆっくり吸う呼吸法を行う

・安眠を促すアロマを枕元に香らせる(真正ラベンダー、ゼラニウム、サンダルウッド、フランキンセンス、カモミール等がお勧め)

ぜひ、気に留めてみてくださいね。

1 2 3 7