◆アーユルヴェーダの未病の状態は4段階に分けられる

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%a6%e3%83%ab%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%80%e3%80%806%e6%ae%b5%e9%9a%8e

中医学の未病の状態。(※未病とは、まだ病まざる状態で病気の前段階のこと)

アーユルヴェーダでは4段階に分けられています。

健康➡①蓄積➡②増悪➡③拡散➡④局在化(定住)➡⑤発症➡⑥慢性化

①蓄積~④局在化までが未病の状態です。

⑤発症から⑥慢性化をした状態を病気としています。

アーユルヴェーダでは、食べた物を消化したものが私たちを作っている。

と言っています。

消化しきれなかった、燃えカスのようなものを未消化物といい

未消化物が身体の中で①蓄積し始めます

それが増え過ぎた事で悪化し➡②増悪

徐々にそれが身体の中に広がっていきます➡③拡散

そして、身体の弱い部分にくっつき➡④局在化

します。

①~④までの間の病気となる前の

なんだかちょっと不調だなぁ。というサインを見逃さないようにしましょう。

アーユルヴェーダの施術はその不調の状態である

アンバランスを調整し健康な状態へと導いていきます。

06_%e3%83%87%e3%83%88%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

 

 

 

 

Comments are closed.