食べなれている。食べなれていない。は消化に関係する

消化に良さそうなアーユルヴェデックな和食

消化に良さそうなアーユルヴェデックな和食

私たちにとって昔から、食べなれているものは和食ですが

今の日本にいると、世界各国の

美味しいものが手に届き

いつでも手にする事ができるような環境です。

アーユルヴェーダでは、食べなれていない食材というのは

親子三代かかるそうですので

牛肉や乳製品も

三代かかって食べなれてくるという考えです。

例えばブルガリアの伝統食ヨーグルトや

韓国の保存食から始まったキムチなど

現地の人達は食べなれているので

私たち日本人よりも消化が良く体に適しています。

この食材を「三代かかって。」と考えると

まだ、私たちにとっては消化しにくい食材と言えるでしょうか。

アーユルヴェーダでは、食べなれている食材の事を

オカサトミヤといいます。

なんて、日本語らしい言葉ですよね

日本では地産池消、身土不二という考えがあり

旬のもの、住んでいる地域のものを消費する考えが

ありますが、アーユルヴェーダでも

同じくこのような考えがあります。

寒くなって来ましたね。

日本列島の半分くらいは雪に覆われているのでしょうか

一年で一番、消化力が上がる時期でもあります。

私は、寒さが苦手なので、冬が一番苦手な季節です

ですが、体が体温逃がさないように毛穴をしめ

体内に熱を溜めているのだと思うと

気持ちもほっこりする感じがして

そう考えると、冬が少し好きになれそうです。

本日もお読みいただきありがとうございました。

Comments are closed.